人工肩関節(従来型と反転型)

人工肩関節

腕が上がらない人には人工肩関節が有効。

壊れてしまった肩関節を人工関節に変えて、

痛みの少ない快適な生活を取り戻します。

​動かない肩、痛い肩

肩が痛くて

腕が上がらない!!

人工肩関節術後

手術で痛みが無くなり

腕が上がる!!

どんな場合に人工関節にしますか?

変形性肩関節症

腱板広範囲断裂

③肩関節の骨折

 (上腕骨近位端骨折、臼蓋粉砕骨折など)

④リウマチ性肩関節炎

⑤その他の関節破壊

どんな種類がありますか?

人工骨頭

人工関節(従来型)

反転型人工関節

​上腕骨側だけを

人工物に換えるえます

入院期間

1週間から6週間です。

リハビリ期間はどのくらい?

使用する人工肩関節の種類によって大きく変わります

人工骨頭、従来型の人工肩関節は術後3-6か月程度のリハビリが必要です。

反転型人工肩関節はリハビリを行わなくとも徐々に挙上できるようになることが多い機種です。

上腕骨と臼蓋とも

人工物に換えます

​上腕骨と臼蓋が入れ替わったような形です

手術対象 

以下の病気やケガで機能しなくなった肩関節に手術を行います

変形性肩関節症

腱板広範囲断裂

③肩関節の骨折(上腕骨近位端骨折、臼蓋粉砕骨折など)

④リウマチ性肩関節炎

その他の関節破壊

 

肩関節の骨、軟骨が変性し壊れてくる疾患。

原因は骨折などの外傷後、腱板広範囲断裂に合併するもの、原因不明などです。

肩のスジ(腱板)が大きく切れると腕が上がらなくなります。

転位型人工肩関節(リバース型人工肩関節)

の出現で挙上が可能になってきました。

 

 

人工関節の種類

①人工上腕骨頭

②人工肩関節

③反転型人工肩関節

人工骨頭

上腕骨頭だけを換えます。

①臼蓋の軟骨が保たれている

②スジ(腱板)が機能している

⇒ 外傷で骨頭が壊れた場合に行うことが多い

人工肩関節 (従来型)

上腕骨頭と臼蓋の両方を換えます

①骨頭、臼蓋ともに壊れている

②スジ(腱板)が機能している

⇒ 変形性肩関節症に適応

 

反転型人工肩関節 (リバース型人工肩関節)

反転型の特徴は臼蓋と骨頭の形が従来型とになっていることです。

初めて見たときには

ナンジャこりゃー!! 

とい思いました。

人工骨頭や従来型人工肩関節で対応ができなかった腱板が大きく切れた患者さんにも使用が可能で応用範囲の広い人工関節です。

クラーク病院上肢センターは 

肩、肘、手の疾患、外傷に対し高度な医療を優しく提供しています。

 

Fax : 011-782-4850

Follow  佐々木勲

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey
  • YouTube Clean Grey

​札幌 クラーク病院 肩肘手外科 佐々木勲

Tel : 011-782-6160