★TFCC損傷、三角繊維軟骨損傷

 

 

 

✓TFCCとは何?

 TFCCはTriangular Fibro Cartilage Complex(三角繊維軟骨複合体)の頭文字を集めた略語です。手首の小指側(手関節尺側といいます)にある繊維軟骨と靭帯からなり、手首の安定性と機能に寄与する組織です(下図 赤丸部分)。膝にある半月板と似たような役割をはたします。

手関節尺側(小指側)の赤丸で囲んだ部分に三角繊維軟骨があります。

✓どんな病気? 

TFCCは外傷や加齢変化などで壊れます。壊れたTFCCは手首を動かすと骨(手根骨)とぶつかり、痛みや引っかかり感、ぐらぐら感が出現する疾患です。手首の捻挫と考え放置する方が多く、なかなか治らずに来院されます。

✓症状

①痛み:手首を動かす場合(ドアノブを回す、タオルを絞る)や、机等に手をつくなどの動作で手首の小指側に強い痛みを自覚したり、手首に引っかかり感が出現します。特に手首を小指側に曲げると強い痛みがでます。また、痛みのためにものを強く握ることができないこともよくみる症状です。

②不安定感:TFCCには橈骨と尺骨を繋ぐ機能があります。TFCCが壊れると手首で尺骨がグラグラした不安定感が出現します。

✓原因:テニスやバドミントンなどのラケットスポーツで発症することが多いといわれてます。また転倒し手をついたときにも起こります。ほかにも物を急に持ち上げた際に発症することがあります。           加齢変性や尺骨突き上げ症候群がある場合は軽微な外傷でも発症します。さらに橈骨遠位端骨折などにばっぺいしてTFCCが断裂する場合があります。

✓診断:日常生活ではタオルを絞ったり、瓶のふたを開けるなどの運動で起こる手首尺側部の痛み、回内外運動制限、遠位橈尺関節不安定性などが特徴的です。診察時に医師が行う徒手検査は、手関節を他動的に尺屈させる尺屈テスト、手関節尺屈状態で掌を上に向けてねじる尺屈回外テストなどのTFCCストレステストがあります。画像診断は尺屈と橈骨の関係をみる単純レントゲン撮影、TFCCの損傷部位と損傷程度を描出するMRI検査が有用です。

赤矢印の部分が断裂しています

✓治療

①保存治療:症状の強さに応じてギプス、装具、サポーター、などで手関節の安静を保ちます。同時にリハビリで手関節以外の柔軟性を高め手関節に負担がかかりにくいようにすることも重要です。保存治療を行うと多くの場合3-6か月程度で症状が治まってきます。

 

②手術治療:症状が強く日常生活動作を行うのが困難な場合や保存治療でも改善しない場合は手術を行います。

手術はTFCCに直接操作を加える関節内の治療と、TFCCには操作を行わず尺骨を短縮する関節外の治療法があります。

a. 関節内治療は多くの場合内視鏡で行い、TFCCを縫合したり、損傷したTFCCの一部を削るなどして症状を緩和させます。関節の不安定性が著しく激しい陳旧性の障害では、再建が必要です。我々が行っている再建方法は腱の一部を用いてTFCCを再建する方法です。

b. 関節外の治療は尺骨を短縮することによってTFCCと手首の骨(手根骨)がぶつかるのを防ぎ、疼痛の発生を減少させます。症状に応じて両者を使い分けて手術を行います。

​尺骨短縮骨切り術

50歳代女性 仕事で手を捻じって受傷。保存的治療を半年続けたが改善せず。

尺骨短縮骨切り術を施行。術後手関節痛は消失。

レントゲン写真

 尺骨が橈骨よりも長い

レントゲン写真

尺骨短縮骨切り術後6か月

​術前の手関節痛が消失

TFCC損傷と似た症状の疾患

​1)豆状三角骨間関節症、関節炎、ガングリオン
 豆状三角骨間関節は手根骨(手首にある8つの小骨)のうち小指側にある豆状骨と三角骨で形成された関節です。この関節に炎症を起こったり、関節軟骨が擦り減り関節が壊れると痛みや関節に水がたまることがあります。また、マレに同部位にガングリオンが発生し疼痛の原因となります。

20歳代女性、テニスを週に5回程度行っています。

 右手関節の尺側部痛が主訴です。

MRIで月状骨周囲に「水」を認めます。使いすぎによる炎症、変形性関節症(豆状骨三角骨間)かガングリオンの疑いです。​

 

クラーク病院上肢センターは 

肩、肘、手の疾患、外傷に対し高度な医療を優しく提供しています。

 

Fax : 011-782-4850

Follow  佐々木勲

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey
  • YouTube Clean Grey

​札幌 クラーク病院 肩肘手外科 佐々木勲

Tel : 011-782-6160