★グロムス腫瘍 理解されない激しい痛み⚡

                                                    手術で劇的回復😊

グロムス腫瘍とは?  トテモ痛い軟部腫瘍
好発部位:指先や爪周囲、とくに「爪の根元が痛い」ことが多い
     全身どこでも可能性あり
症状:圧痛自発痛寒冷時痛など痛みが主な症状です。
診断:腫瘍は皮膚や爪の下に青く透けて見えることがあります。

   痛い場所をピンなどで叩くと飛び上がるほどの痛みが出現します。

   ★★★  病院を受診しても原因不明の痛み、あるいは精神的な痛みと

    言われ診断がつかないことが多い疾患です。  ★★★

治療:手術が必要。腫瘍をとると劇的に痛みがなくなります。

以下詳細

グロムス(小)体

 グロムス(小)体は動静脈吻合に存在する器官の一つです。指尖部に多く、非常に神経に富んでいます.グロムス腫瘍はグロムス(小)体の過形成で起こる、稀な軟部腫瘍です(手部腫瘍の約 1%)。多くは単発性ですが10%弱が多発性です。多発性の場合は指以外の四肢に生じやすい傾向があります。

症状

 1)Carroll の三徴候:圧痛、自発痛、寒冷時痛が有名です。

 2)好発部位:指先の痛み、特に爪の下や爪周囲に痛みが出ることが多い。

 3)夜間痛:夜間あるいは起床時に痛みが強く出ることがあります。

 4)寒冷痛:手を冷水に入れると痛みが増強します。

 5)Love’s pin sign:ピンで患部を押すと飛び上がるほど強い痛みがでます。

原因

 原因は不明です。

診断

 特徴的な症状と所見 と 画像検査で診断します。

 ★圧痛自発痛寒冷時痛(Carroll の三徴候)の陽性。

  特に特徴的なのは圧痛(Love’s pin sign)です。

 ★青い腫瘤:皮膚や爪の下に青く腫瘍が透けて見えることがあります。

 ★画像診断

 1.X線:骨の変形。腫瘍で圧迫され骨が溶けてへこむことがあります。

 2.MRI:T2で高輝度。腫瘍が小さい場合は描出されない。

     ダイナミック造影では早期から著明に造影されます。

 3.エコー:エコーで腫瘍が認められることがあります。

   白井ら1)は、MRI で腫瘍が同定できたものは 73%,超 音波では 50%と述べています。

治療

   有効な治療は手術のみです。

 

・手術で腫瘍をとるとケロリと治ります

 

・手術法

  局所麻酔(希望者は全身麻酔) 20-30分程度の痛くない手術です。

  局所麻酔手術は入院は不要です。

  遠方の方やご事情のある方、全身麻酔では入院手術を行います

 この疾患は手術で劇的に治るので手術を強く勧めます。

 手術後には痛みのない生活が待っています。

自己診断法

1. 爪およびその周囲の痛い場所に少しだけ青みがかることが多い。

2. 痛い場所を箸でつんつんたたくと飛び上がるほど痛い。

3. 冷水をかけると痛みが強くなる。

著者が行った手術例

★40歳代 女性 10年来の指の疼痛。

✓Carroll の三徴候:圧痛、自発痛、寒冷時痛が陽性

​✓青い点:爪の根元に青い点が見える。レントゲンで骨がえぐれて変形している。

✓治療:手術で腫瘍を切除すると、翌日には術前の痛みがすっかりなくなりました

​爪の根本の左側に、かすかに青い点とその部分がわずかに膨らんでいる

レントゲン

末節骨が腫瘍で圧迫されてえぐれている

★30歳代女性 右母指にできたグロムス腫瘍

✓5年前からの痛み

✓診断困難:3か所病院を受診したが診断つかず

✓精神安定剤の処方:他院で気のせいだといわれ精神安定剤を服用。

​✓治療:手術を行い腫瘍を摘出。直後から疼痛が消失しました。

右母指爪基部が青みかかりやや膨らんでいる。この部位を押すと大変強い疼痛を訴えました。

エコー:末節骨背側がややえぐれており、えぐれた骨の背側に高輝度の陰影を認めます。

レントゲン側面像

​末節骨背側が若干えぐれている。

MRI:T2撮影で末節骨背側に高輝度の腫瘤を認めます(赤点で囲んだ部位)。

★30歳代 女性

✓罹病歴:10年来の疼痛に悩まされておりました。​

✓診断:エコーと特徴的な所見からグロムス腫瘍と判断

✓治療:手術を行い疼痛は消失

​中指、環指、小指の3か所に発生したグロムス腫瘍(黒点で囲んでいる部位に強い圧痛を認めました。)

小指の爪の下に大きな腫瘍を認めました

環指中節骨に接して腫瘍がありました。

30歳代 女性 

✓病歴:2年来の人差し指の痛み。徐々に痛いが増強してきました。

✓画像:エコー、MRIともに腫瘤が描出されていました。

✓治療:局所麻酔下に摘出。

左図:MRI

 赤点で囲んでいる部位が腫瘤です

右図:術前

 青点で囲んでいる部位に

  腫瘤が存在します

術中写真

左図:爪甲を反転すると爪母下に

 盛りあがりが判ります

右図:爪母を切離し内部から腫瘤を

 摘出したところです

この後、爪母を縫合し爪甲を戻してテープで固定しました。

参考文献

1)白井久也ら、日手会誌(J Jpn Soc Surg Hand),第 32 巻 第 3 号 361-364,2015

キーワード:夜間痛、爪、冷水、指、指の痛み、手の痛み、圧痛、押すと痛い、ぶつかると痛い、手術、腫瘍切除、爪下、原因不明の痛み

クラーク病院上肢センターは 

肩、肘、手の疾患、外傷に対し高度な医療を優しく提供しています。

 

Fax : 011-782-4850

Follow  佐々木勲

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey
  • YouTube Clean Grey

​札幌 クラーク病院 肩肘手外科 佐々木勲

Tel : 011-782-6160