肩腱板断裂、肩腱板損傷
 

1. 肩腱板とは

 

上腕骨と肩甲骨をつなぐ板状のスジ(腱)

 

・腕を上げたり下げたりするときに、上腕骨頭を肩甲骨に引き寄せてぐらつかないように支えます。

・4枚の腱からできています。

   棘上筋腱

   肩甲下筋腱

   棘下筋腱

   小円筋腱

​上腕骨

肩甲骨

 

2. 肩腱板断裂とは

 肩腱板のうち1つ以上が切れて、肩に痛みや機能障害が出る疾患です。

 

3. 腱板断裂の原因

 外傷性断裂と変性断裂があります。

・外傷性断裂:転倒などで肩や肘を強打したり、重い物を急に持ち上げて腱板が切れた場合

変性断裂:使いすぎで腱板が擦り切れたり、加齢で腱板が老化して徐々に断裂した場合

 

4. 主な症状

痛み:運動痛が主ですが、安静時にも痛みがでることがあります。

機能障害:症状が進むと腕の挙上(バンザイなど腕を上げる動作)が困難になります。

 

5. 診断

診察と画像所見から判断します。

レントゲンで骨や肩全体の形態を確認し、MRIやエコー検査で腱板の断裂の有無や腱や筋肉の状態を判断します。

☆断裂肩腱板のMRI像

☆正常肩腱板のMRI像

 

6. 治療

安静:炎症が強い場合は肩を安静に保ち、注射などで炎症や疼痛の改善を目指します

リハビリ:関節の柔軟性を向上させ、残っている腱板と筋肉の機能を強化します。

手術:強い痛みや手が上がらない状況が続く場合は手術を行います。

    通常は断裂している腱板を修復します。

    断裂が大きすぎて修復が困難な場合は人工関節置換術を行います。

    特に、反転型人工肩関節は大変有用な治療法です。

 

★腱板が切れているだけでは手術対象にはなりません。

 保存治療で多くの方は症状が改善します。

クラーク病院上肢センターは 

肩、肘、手の疾患、外傷に対し高度な医療を優しく提供しています。

 

Fax : 011-782-4850

Follow  佐々木勲

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey
  • YouTube Clean Grey

​札幌 クラーク病院 肩肘手外科 佐々木勲

Tel : 011-782-6160