感染性陥入爪

✔感染性陥入爪とは

陥入爪が皮膚に食い込み、化膿した状態です。

症状が進むと難治性となり感染性肉芽腫ができます。

感染性肉芽が形成されています。

歩行も痛くてつらい状況が続いていました。

​感染性陥入爪が治りにくい原因

1、皮膚を傷つける武器(鋭利な爪)がある

​切残した鋭い爪が皮膚に突き刺さる

2、ばい菌の隠れ家がある

感染して爪が浮いてポケットができる

→ 血流が乏しく細菌が繁殖しやすい

→ 細菌の巣ができる

→ さらに細菌が増えて勢力拡大

治療

1)鋭利な爪の切り残し部分を除去し

2)細菌の巣(爪のポケット)をなくすために、浮いた爪をしっかり切除。

→ これでほとんどの感染性陥入爪は治ります。

感染が治癒した後は、陥入爪の治療を行います。

治療例

1)17歳 女性 

数年前から左第一趾の周囲が化膿しなおらない。

近くの病院で治療をしていたがよくならず、化膿(感染)が慢性化していました。

​どんな状態?

・爪周囲の化膿

  爪の両側の皮膚が化膿して炎症を起こし赤く腫れています。

 

・爪が浮いている

  写真左・中:爪の両側が三角に爪床から浮いており、色調が変化しています。

        中の写真の点線で示した部分です。

・炎症が爪周囲から爪下に及んでいる

  写真右  :化膿し赤く腫れて、浸出液が出ています。

        巻き爪変形は軽度です。

​爪の一部を除去して1週間

・治療:局所麻酔で浮いた爪の部分を切除

 

・1週間後 化膿が治まっています

  化膿がほぼ沈静化し、炎症も収まってきています。

​  長期間良くならなかった化膿、炎症が、浮いた爪を除去し1週間で大幅に良くなっています。

感染が長年治癒せず慢性化した原因

 ・ばい菌が繁殖しやすい湿った密室(爪が爪床から三角にはがれた部分)が

   取り除かれなかったことが一番の原因です。

 

 ・ばい菌は「三食昼寝付きの暖かい部屋」でせっせと繁殖していたのです。

 ・ばい菌の住処を取り除いてしまえばすぐに治り始めます。

クラーク病院上肢センターは 

肩、肘、手の疾患、外傷に対し高度な医療を優しく提供しています。

 

Fax : 011-782-4850

Follow  佐々木勲

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey
  • YouTube Clean Grey

​札幌 クラーク病院 肩肘手外科 佐々木勲

Tel : 011-782-6160