★後方型野球肘、肘頭骨端線離開

key words: 野球、肘の痛み、肘が痛い、肘が伸びない、肘が曲がらない、ボールを投げると痛い、肘の後ろが痛い、小児

後方型野球肘、肘頭骨端線離開とは?

 野球等で肘頭および肘頭窩に障害が起こる疾患です。小児の場合は上腕三頭筋に引っぱられて肘頭の骨端線(成長軟骨)に亀裂が入る肘頭骨端線離開がおおく、大人の場合は肘頭と肘頭窩がぶつかり(肘頭窩インピンジメント)肘頭疲労骨折や変形性関節症が発生します。それぞれ投球のし過ぎが主な原因です。

 小児の場合は安静で治癒することが多いですが、野球に早期復帰を希望される場合は手術を行うこともあります。

肘の解剖

伸展位の肘を真横から見た図です。

​肘頭(黄色)についている上腕三頭筋(赤色)が収縮すると肘が伸びます。完全に肘が伸び切ると肘頭が肘頭窩(水色)にぶつかります。

✔原因:投球の加速期に発生する外反ストレスとその後に続く急激な肘伸展動作で肘頭が肘頭窩に衝突(骨同士のぶつかり合い)します。この動作を繰り返すと小児の場合は骨端線が離開し、大人の場合は変形性関節症や疲労骨折が起こります。

投球動作の後半には上腕三頭筋に引っぱられて肘が急激に伸展します。

​肘が伸展すると肘頭が肘頭窩に衝突します(肘頭窩インピンジ)。この動作を繰り返すことで小児は肘頭骨端線離開を、青年以降は肘頭の疲労骨折や、変形性関節症を発症します。

✔症状:投球時の肘後方の痛みが主な症状です。

✔治療:安静とリハビリを行います。安静で骨端線離開の修復あるいは疲労骨折の治癒をまち、症状が落ち着いた時点で投球を再開します。治療期間中はリハビリを行います。体幹から肩肘手のストレッチを行い、体の柔軟性を高めます。さらに小児の場合は正しい投球動作を習得してもらいます。

クラーク病院上肢センターは 

肩、肘、手の疾患、外傷に対し高度な医療を優しく提供しています。

 

Fax : 011-782-4850

Follow  佐々木勲

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey
  • YouTube Clean Grey

​札幌 クラーク病院 肩肘手外科 佐々木勲

Tel : 011-782-6160