手の感染症、化膿性疾患

絵をクリック! 詳しい説明が出てきます

指を曲げる腱(屈筋兼)が化膿し、激しい疼痛が出現。カナベルの四徴が有名

​指先が化膿する疾患です。多くの場合、切開排膿を行うと治癒します。

​関節には関節の運動がスムーズに行えるように潤滑液が入った袋(滑液包)があります。滑液包内にバイ菌が入ると急激に化膿し、内部に膿がたまります。できるだけ早い治療が必要です

傷が小さくても深部まで牙が達し、関節内や屈筋腱が感染することがあります。抗菌薬の選択も重要です。

関節内で細菌が繁殖し、関節を破壊します

工事中

クラーク病院上肢センターは 

肩、肘、手の疾患、外傷に対し高度な医療を優しく提供しています。

 

Fax : 011-782-4850

Follow  佐々木勲

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey
  • YouTube Clean Grey

​札幌 クラーク病院 肩肘手外科 佐々木勲

Tel : 011-782-6160