あご脱臼(顎関節脱臼)の簡単整復法

あごの脱臼は多くの場合簡単に整復できます。

救急現場でやられている方法は医者が力いっぱいあごを押し下げて整復する方法ですが

この方法では力もいらずあっけなく整復できます。


あごが脱臼してる状態です

丸い突起が窪みから前方に

飛び出ています。











整復法


手袋をつけて両手の親指を患者さんの口に入れAの部位に置き軽く下方に押します。


患者さんにゆっくりと口を閉じてもらう(歯を咬み合わせる)と関節突起が後方下方に引っぱられて自動的に整復されます。









本当に あっけなく整復 されます



注意点としては

患者さんがうれしさのあまり思い切り口を閉じて親指を咬まれてしまうことがあります。

気を付けてください。


今までこの方法で整復ができなかった例はありませんのでぜひやってみてください。:

531回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

整形外科のコツ 肘内障の整復法

研修医や他科の先生からのご質問にお答えします。 ・肘内障の整復法 教科書的には「肘を屈曲しながら回外する」と書かれていることが多いですが 回外よりも回内が整復されやすい印象。 一度やってみてください。