代表的な手の疾患についてご説明します。

下のボタンから各疾患に移動できます。

​親指を伸ばす腱が使いすぎなどで腫れ腫れて、腱が通るトンネル(腱鞘)に引っかかり痛みが出た状態です。

​指に多くでる良性腫瘍です。腫瘍の部位を軽くたたくだけで飛び上がるくらい強い痛みがでます。見つかりにくい腫瘍で長年苦しんでいる人が多いのも特徴です。

指を曲げる腱がトンネル(腱鞘)に引っかかり痛みと引っかかり感がでる。妊娠中と出産後1年間、更年期、指をたくさん使う職業の人に多い。

手関節の中央にある月状骨が壊れる病気です。大工さん等の手をたくさん使う人に発症しやすいといわれております

手のひらにコブや索状物が発生し指が伸びなくなる疾患です。以前は手術だけが唯一の治療法でしたが、最近は注射治療で良好な治療成績が得られております。

​第一関節(DIP関節)が壊れるのがへバーデン結節、第二関節(PIP関節)が壊れるのがブシャール結節。注射や手術で症状の緩和が期待できます

母指のCM関節が徐々に壊れて変形する疾患。物をつまんだりタオルを絞るなどの動作が困難になってきます。

手首で神経が圧迫され親指から薬指にしびれや痛みが発生。進行すると親指の付け根の筋肉がやせてくる。妊娠中、更年期、高齢の女性に多い。朝方にしびれが強くなる

尺骨が橈骨よりも長いために発生する疾患。手関節尺側の痛みと可動域制限が主な症状

手首のやや肘寄りの部位で発生する腱鞘炎。腱同士が擦れて炎症を起こし、運動痛と轢音(ギシギシ、ギーギー)が生じる。インターセクション症候群ともいう。

轢音性腱周囲炎の代表的疾患。

手関節や手指に石灰が沈着し、その部分の発赤、疼痛、が出現します。

クラーク病院上肢センターは 

肩、肘、手の疾患、外傷に対し高度な医療を優しく提供しています。

 

Fax : 011-782-4850

Follow  佐々木勲

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • Instagram Clean Grey
  • YouTube Clean Grey

​札幌 クラーク病院 肩肘手外科 佐々木勲

Tel : 011-782-6160